朝早くからやっている整骨院

整骨院は朝早いです。患者さんたちは、先生が来るのを朝早く待ち構えているからです。先生は朝7時か7時前にやってきます。そして自動式のシャッターを開けると、待ち構えている患者さんに挨拶をして、施術準備に入ります。先生より五分ほど遅れて見習い男がやってきます。見習いは白衣に着替えると前の通路に散水します。これが見習い日課のはじまりなのです。見習いは気が向くと近所や通りを掃き掃除します。そして出会う人に気軽に挨拶をします。これが見習い流営業行為になります。整骨院は近くにバイクや自転車を置くレンタル施設を借りています。患者にも開放していて、通路に自転車が置けない場合には、バイトが患者を誘導して駐輪させています。整骨院の先生はバイトに詳しく書いた履歴書提出を求めています。たまに住所の場所を嘘で固めた履歴書を提出する猛者がいるのです。それで先生はバイトが居る目前でパソコンを開き地図検索ソフトで履歴書住所が正しいか調べるのです。整骨院先生は、見習いを連れて地方にある柔道の道場へ研修に出かけ、三日間宿泊する日程で道場主から秘技を教えて貰っています。教えられた秘技が反映してか、整骨院は朝早くから患者がやってきては、先生がやって来るのを待ち構えています。

整骨院の驚き情報

↑PAGE TOP