トップ / バッカルファット除去で小顔

バッカルファットを切る

バッカルファット除去で小顔

バッカルファット除去手術の流れ

バッカルファットの除去手術をする際は、顔の皮膚ではなく口の中の粘膜を数ミリ~2センチほど切開し、頬の中央部分にある脂肪のかたまりを引き出して除去します。切開の大きさは除去するバッカルファットの大きさなどにより前後しますが、口の内側を切るので表面からは傷痕が分かることはありません。

手術は血液検査と麻酔をしてから行います。手術後はクリニックで少しの間休み、麻酔が切れてから帰宅します。麻酔は基本的に局所麻酔ですが、痛みと恐怖心を軽減するために静脈麻酔や笑気麻酔を使用する場合もあります。

バッカルファット除去後の縫合は、溶ける糸を使用するので抜糸の必要はありません。
手術にかかる時間と費用はクリニックによりまちまちですが、手術時間の大まかな目安は30分~1時間程度、費用は20~30万円が相場なので、よく耳にする小顔整形手術のなかでも比較的、手術時間が短く手が届きやすい費用といえます。

特に費用面では、施術内容をオプション設定しているクリニックもあるため、どのような内容が手術費用として含まれているのかなどを確認してから選ぶようにしましょう。「安さ」のみで選ばないほうが賢明といえそうです。

バッカルファット除去の小顔整形をお考えならこちら。